三田駅すぐの田町の歯医者【プルチーノ歯科・矯正歯科東京】

三田駅すぐの田町の歯医者【プルチーノ歯科・矯正歯科東京】

インビザライン

矯正歯科医が教える!歯列矯正での抜歯矯正のメリットや望ましいケースとは?非抜歯矯正が得意な「インビザライン」

矯正歯科では、健康な歯を抜歯することがあります。

「健康な歯を抜くなんて……!」と抵抗を感じる方も多いかと思いますが、抜歯をした方が良い歯並びになるケースもあります。

抜歯の前に必ず精密検査や歯並びシミュレーションを行うため、検査結果を聞いて、納得した上でご自身が良いと思う判断をすることが大事です。

今回は、矯正歯科で抜歯をした方が望ましいケースや抜歯する歯、非抜歯矯正との違いなどについて解説していきましょう。

非抜歯矯正で美しい歯並びを目指したい方におすすめの「インビザライン」も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

矯正歯科では「抜歯」が望ましいケースもある

矯正治療では、必ずしも「抜歯」が必要なわけではありません。

しかし骨格の大きさや歯の大きさとのバランスから、抜歯を選んだ方が最終的に良い歯並びを目指せるケースもあります。

抜歯をしないと歯を並べるスペースが作れない場合は、抜歯を行うのが望ましいでしょう。

狭いスペースに無理やり歯を並べると、どうしても口先がとがった印象になり、美しい横顔「Eライン」を目指せなくなってしまうからです。

また、元の歯並びに戻ろうとする「後戻り」も起こりやすくなってしまいます。

Eライン(エステティックライン)とは?

美しい横顔の条件として、Eライン(エステティックライン)があります。

Eラインとは、鼻先と顎先を頂点にしてつなげた線のことで、その線に唇が接しているか、少し内側にあるのが「理想的で美しい横顔」と言われています。

Eラインを確認するには、人差し指を鼻先から顎に沿うようにあててください。

指に歯や唇があたらない場合、キレイなEラインを描けていると言えます。

美しさの基準というだけでなく、出っ歯や受け口などの不正咬合がある場合は、このような横顔のラインを作ることはできません。

矯正歯科で抜歯が望ましいケース

抜歯が望ましい主なケースは以下の3つです。

  • 顎が小さく、歯が整った位置に並ぶスペースがない場合
  • 親知らずが今後の歯並びに影響する場合
  • 上顎と下顎のズレが大きい場合

 

以下で、それぞれのケースについて詳しく説明していきましょう。

顎が小さく、歯が整った位置に並ぶスペースがない場合

歯の大きさに比べて顎が小さく、歯と歯の間に十分なすき間がない場合は、抜歯が必要になります。

現代人はやわらかい食べ物を好む傾向があるため、顎があまり発達しない場合があるのです。

その状態で無理やり歯を収めようとすると、収まりきらずにデコボコな歯並びになったり、歯ぐきが下がったり、噛み合わせに影響が出たりします。

親知らずが今後の歯並びに影響する場合

親知らず(第三大臼歯)が今後の歯並びに影響すると予測される場合には、抜歯が必要になる場合もあります。

特に、親知らずが斜めや横向きに生えている場合は、歯列に影響を与えるため抜歯が必要です。

親知らずとは、第二大臼歯の後ろに生える3番目の大臼歯のことです。

上顎と下顎のズレが大きい場合

顎のズレが原因の不正咬合の場合、歯並びや噛み合わせに問題が出てきます。

顎のズレを改善するには外科手術が必要ですが、抜歯をすることで大きく歯を動かせるようになるため、手術をしなくても矯正治療ができるケースもあります。

矯正歯科で抜歯する歯

矯正治療で抜歯する歯は、噛み合わせに影響のない歯を選びます。

機能的な影響が比較的少ないとされる、小臼歯(前から4番目又は5番目の歯)やその付近の歯を抜くことが多いです。

小臼歯は、奥歯と前歯の中間の位置にあるため、歯を動かすのに移動距離が短い点もメリットとして挙げられます。

矯正歯科で抜歯を行うタイミング

基本的に、矯正装置を付ける前に抜歯します。

抜歯をしてスペースを確保してから、歯の移動や嚙み合わせの調整を行っていきます。

顎の成長が期待できるお子さんの場合は、顎の成長を期待して非抜歯で矯正を行う場合もあります。

その後、経過を見ながら抜歯か非抜歯か判断していきます。

お子さんの歯並びが気になる方は、まだ乳歯が残っている6〜10歳の段階で一度ご相談いただけますと幸いです。

非抜歯矯正が得意な「インビザライン」を行っております

当院では、透明なマウスピース矯正「インビザライン」を中心とした矯正治療を行っております。

奥歯の後方移動により、現状の歯並びでスペースがなくても新たにスペースを確保できるため、非抜歯矯正が得意なことが大きな特徴です。

歯のデコボコが軽度な場合や、すきっ歯など歯と歯の間にスペースがある場合などは、非抜歯矯正で対応できる場合が多いです。

インビザラインだけでは治療が難しい症例の場合は、一時的にワイヤー矯正を併用することもあります。

当院では、透明なブラケットとホワイトワイヤーを使用した審美的なワイヤー矯正を採用しております。

インビザラインの特徴①:治療前に、最終的に目指す歯並びを目で見て確認できる

インビザラインでは、矯正歯科治療を始める前に、治療経過や目指すゴール(最終的な歯並び)を3Dシミュレーションで確認することが可能です。

実際に目で見て確認できるため、矯正治療中のモチベーションが持続しやすくなります。

インビザラインの特徴②:過去のインビザラインの矯正臨床データを利用できる

インビザラインでは、全世界における過去のインビザラインの矯正臨床データを利用し、患者さん一人ひとりに合った最も効率的な歯の動かし方を分析することが可能です。

インビザラインの臨床データは常に増加しているため、分析の精度もどんどん向上します。

矯正歯科で非抜歯でスペースを作る方法

歯を移動させる十分なスペースがない歯並びだったとしても、非抜歯で歯を移動するスペースを確保する方法が以下の3つです。

  • 歯の一番外側のエナメル質を少し削る(IPR)
  • 奥歯を後方移動させる
  • 歯列拡大

 

以下で、それぞれの方法を詳しく解説していきましょう。

歯の一番外側のエナメル質を少し削る(IPR)

抜歯をするほど多くのスペースは必要ないけれど、少しスペースが足りない場合に採用する方法です。

何本かの前歯の両側を磨くように薄く削り、スペースを作ります。

IPRで削るのはエナメル質の表面からわずか0.2〜0.5mm程度のため、処置に痛みを感じることはほとんどなく、その後むし歯になりやすくなることもありません。

奥歯を後方移動させる

奥歯をさらに後方に移動し、他の歯も順次後ろに移動することで、スペースを作る方法です。

遠心移動(えんしんいどう)と呼ばれるこの方法は、インビザラインが得意とする動きです。

場合によっては、親知らずを抜歯することがあります。(親知らずは、曲がって生えてしまっているなどの理由で歯肉が腫れてしまい、抜かなければならないケースが多いです)

歯列拡大

歯槽骨の幅を広げることで、歯を並べるスペースを作る方法です。

基本的には、顎骨の成長過程にあるお子さんに効果的な方法です。

広げる幅はごくわずかなので、フェイスラインなどへの影響はありません。

抜歯・非抜歯矯正について詳しく知りたい方はぜひ「無料矯正相談」をご予約ください

プルチーノ歯科東京院では、矯正治療をご検討中の方向けに「無料矯正相談」を行っております。

当院では、抜歯治療・非抜歯治療の両方の歯並び3Dシミュレーション及び治療プランをご提示し、歯を抜かなくてもキレイな歯並びが目指せるようにできる限りの努力をします。

抜歯した方がキレイな歯並び・顔貌になる場合は、メリットとデメリットをしっかりご説明し、患者さんご自身に納得した上で選んでもらうようにしています。

歯を抜かないことが必ずしも矯正治療の結果に良い影響を及ぼさないことを知っていただいた上で、患者さんが納得できるまで治療の方針について話し合うことが大事だと思っております。

「抜歯矯正と非抜歯矯正のどちらが向いているのか知りたい」「非抜歯矯正が得意なインビザラインの治療を受けたい」方は、ぜひ一度無料矯正相談でお話を伺えますと幸いです。

まとめ:矯正歯科全般の知識・経験が豊富な「インビザライン矯正認定医」が治療を担当させていただきます

抜歯矯正は必ずしも「悪」ではなく、抜歯をすることでより美しい歯並びを目指せることもあります。

歯科医師から「抜歯が必要」と言われた場合は、その理由や抜歯をすることによるメリット・デメリットをよく聞いて、ご自身にとって良い方を選びましょう。

当院では、非抜歯矯正が得意な「インビザライン」を中心とした矯正治療を行っております。

インビザラインは、コンピューターによって精緻な歯の移動計画が立てられますが、ドクターの知識・経験数・技術によりその内容は異なります。

当院では、矯正治療全般の知識・経験が豊富な「インビザライン矯正認定医」が治療を担当させていただきます。

田町駅から徒歩1分、三田駅から徒歩3分の好立地で、東京・千葉・埼玉・神奈川をはじめ、全国からもたくさんの患者さんに通っていただいている歯医者です。

当院の矯正治療にご興味のある方は、「お電話」または「24時間Web予約」から「無料矯正相談」をご予約いただけますと幸いです。

鶴田 祥平

この記事の監修者。医療法人鸞翔会の理事長でプルチーノ歯科・矯正歯科の歯科医師。

一般歯科治療成人矯正治療小児育成矯正インビザラインを用いた矯正治療インプラント治療ホワイトニング予防歯科治療セラミック治療などお口のお悩みに幅広くお応えしています。
詳しくはスタッフ紹介のページをご覧ください。

医院へのアクセス・診療時間については各医院のHPをご覧ください。

プルチーノ歯科・矯正歯科 名古屋院
プルチーノ歯科・矯正歯科 神宮前院
プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市院
プルチーノ歯科・矯正歯科 東京院

公的医療保険が適用されない自由診療について
インプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着して補う治療法です。これまでの入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。健康な歯を削ることなく治療することも可能です。プルチーノ 歯科・矯正歯科 東京では、事前の診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全に配慮したインプラント治療を行っております。インプラントに関するお悩みなどございましたらいつでもお気軽にご相談ください。

施術の価格
インプラント埋入施術 350,000円(税込385,000円)~500,000円(税込550,000円)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラント治療は外科治療を伴うため、術後の痛み・腫れや出血などが発生する場合があります。ほとんどの場合は時間の経過とともに症状が改善します。施術の際、静脈内鎮静麻酔を行う場合は一時的にふらつきが生じることがあります。手術中にドリルやインプラント体が神経や血管を傷つけることがあると、神経麻痺や大量出血する危険性があります。これは治療前の精密な診査によって神経や血管の位置を正確に把握することで回避することができます。インプラントも歯と同様に術後のメインテナンスは必須です。
審美治療

セラミック製の⼈⼯⻭を⽤いて⻭の⽋損した部位を補ったり⻭列を整えたり、特殊な薬剤やライトを使⽤して⻭を漂⽩するなどして、美しい⼝元をつくります。

施術の価格
セラミック治療 80,000円(税込88,000円)〜170,000円(税込187,000円)
ホワイトニング 15,000円(税込16,500円)〜72,000円(税込79,200円)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
  • 【ホワイトニング】
    ホワイトニング剤の刺激により、施術中あるいは施術後に冷たいものが⻭にしみる知覚過敏症状をともなうことがあります。
  • 【セラミック治療】
    ⻭を削ることとなります。また場合によっては、治療箇所周囲の健康な⻭を削ることもございます。⻭を削ることで痛み・しみ・知覚過敏が起こることsがあります。被せ物や詰め物は経年劣化する場合があります。
インビザラインを用いた矯正治療
施術の価格
¥770,000(税抜:¥700,000)~¥1,210,000 (税抜:¥1,100,000)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用

全ての医療と同様に歯科矯正治療にも潜在的なリスク・副作用があることをご理解ください。
※すべてのリスクや副作用が生じるわけではありません。

  • ・最初は矯正装置の装着による不快感や痛み等が生じることがあります。
  • ・歯の動き方には個人差があるため、当初予想されていた治療期間より延長する可能性があります。
  • ・矯正治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病の罹患リスクが高まります。そのため、丁寧な歯磨きや、定期的なメンテナンスを受けることが重要です。
  • ・歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることが稀にあります。また、歯ぐきがやせてラインが下がることがあります。
  • ・ごく稀に歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ・ごく稀に歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • ・矯正治療中は咬み合わせが変化することで、一時的に顎関節に負担がかかり「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • ・様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • ・歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  • ・何らかの要因で矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • ・矯正装置を外す際に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、被せ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • ・矯正装置が外れた後も、保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • ・装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療 (修復物)などをやり直す可能性があります。
  • ・あごの成長発育によってかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • ・矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。
⻭列矯正⽤咬合誘導装置(プレオルソ)について

歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)は、歯を直接的に動かす一般的な矯正ではなく、お口周りの筋機能(口腔周囲筋)を鍛える治療です。マウスピースを装着して、顎骨の成長を阻害する口呼吸や舌の位置を正常に補正し、永久歯がきれいに生えるスペースを確保することによって、将来的な歯並び、咬み合わせを良い方向へ導きます。

施術の価格
  • プレオルソ&MFT治療による⼀期治療 ¥440,000
  • インビザラインファースト+ プレオルソ(6-10歳)
    ⼀期治療 ¥550,000
  • インビザラインファースト+ プレオルソ(6-10歳)
    ⼆期治療 ¥330,000
施術のリスク・副作用

全ての医療と同様に歯科矯正治療にも潜在的なリスク・副作用があることをご理解ください。
※すべてのリスクや副作用が生じるわけではありません。

  • ・最初は矯正装置の装着による不快感や痛み等が⽣じることがあります。
  • ・⻭の動き⽅には個⼈差があるため、当初予想されていた治療期間より延⻑する可能性があります。
  • ・矯正治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなります。むし⻭や⻭周病の罹患リスクが⾼まります。そのため、丁寧な⻭磨きや、定期的なメンテナンスを受けることが重要です。
  • ・⻭を動かすことにより⻭根が吸収して短くなることが稀にあります。また、⻭ぐきがやせてラインが下がることがあります。
  • ・ごく稀に⻭が⾻と癒着していて⻭が動かないことがあります。
  • ・ごく稀に⻭を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • ・矯正治療中は咬み合わせが変化することで、⼀時的に顎関節に負担がかかり「顎関節で⾳が鳴る、あごが痛い、⼝が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • ・様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • ・⻭の形を修正したり、咬み合わせの微調整を⾏ったりする可能性があります。
  • ・何らかの要因で矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • ・矯正装置を外す際に、エナメル質に微⼩な⻲裂が⼊る可能性や、被せ物(補綴物)の⼀部が破損する可能性があります。
  • ・矯正装置が外れた後も、保定装置を指⽰通りに使⽤しないと後戻りが⽣じる可能性が⾼くなります。
  • ・装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし⻭の治療(修復物)などをやり直す可能性があります。
  • ・あごの成⻑発育によってかみ合わせや⻭並びが変化する可能性があります。
  • ・矯正⻭科治療は、⼀度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。
薬機法において承認されていない
医療機器を用いた治療について

当院では、医薬品医療機器等法(薬機法)において承認されていない医療機器を用いた治療 である「インビザライン・システムを用いた矯正治療」を行っています。
未承認医薬品・医療機器(以下、「未承認医薬品等」とする)について、当サイト内で治療法等を記載するため、厚生労働省が定める医療広告ガイドラインに従い、「未承認医薬品等であること」「入手経路等」「国内の承認医薬品等の有無」「諸外国における安全性等に係る情報」について掲載いたします。

未承認医薬品であること

当院の歯列矯正にて使用しているマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)は、海外の工場で製作されるため、薬機法における医療機器として承認されておらず、また歯科技工士法上の矯正装置にも該当しません。

国内で作製されるものであっても、患者様ごとにつくられるカスタムメイド品のため、薬機法の対象外となり、医薬品副作用被害救済制度の対象とならない場合があります。

国内の承認医薬品等の有無
日本国内にも、マウスピース型カスタムメイド矯正装置を作製しているメーカーがあります。当院が使用しているマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)以外に、日本で承認を得ている矯正装置を使った治療法があります。
入手経路等
当院が治療に用いるマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)は、米国アライン・テクノロジー社の製品です。アライン・テクノロジー社のグループ会社である「アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社」より入手しています。
諸外国における安全性等に係る情報
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)は、1998年にFDA(米国食品医薬品局)から医療機器として認証され、販売認可を受けています。
2020年10月現在までで、世界100ヶ国以上の国々、900万人をこえる患者様が矯正治療を行いましたが、重大な副作用の報告はありません。