プルチーノ歯科・矯正歯科 東京

東京 田町の歯医者プルチーノ歯科・矯正歯科 東京

マイクロスコープを用いた治療

一人ひとりに合った歯科治療プランをご提案いたします。

貴方の悩みやご要望をお気軽にご相談ください。
目的・要望に沿った治療内容・治療計画をご提案いたします。

マイクロスコープを
用いた治療
Microscope

マイクロスコープでより精密な
歯科治療をご提供いたします

プルチーノ歯科・矯正歯科 東京では、マイクロスコープを用いた治療で、より精度の高い歯科治療を行っています。
マイクロスコープは、肉眼の10〜80倍の拡大率で、歯や歯の周囲を細かく観察することができ、肉眼では発見できない病気の原因をみつけることで、より確実な治療が可能になりました。
これまでは歯を抜くという形で治療するしかなかった歯も、マイクロスコープを用いた治療で残せる可能性もあります。
当医院では、全ての歯科医師と歯科衛生士がマイクロスコープによる、拡大視野下で精密な診療を行える環境を整えています。

当院のマイクロスコープ治療の特徴

  • 歯科医師・歯科衛生士ともに常に拡大視野下で診療
  • 拡大視野下での精密な治療・メインテナンス
    ラバーダムを用いた根管治療・虫歯治療・歯根端切除術・歯周病治療・インプラント治療・インビザライン矯正治療
  • マイクロスコープを用いた分かりやすい画像説明

マイクロスコープを使用するメリット

正確な診断・治療を
行うことができる

マイクロスコープを使用することで、患部を拡大し、ミクロの単位で確認して治療が行えるようになるため、より効率的かつ正確な処置を実践することが可能となります。

患者様の負担を
減らすことができる

悪い部分を最小限で除去できる (不必要に歯を削らないので安全に治療ができる)ため、治療後の出血や腫れも少なく、治りを早めることも可能となります。

歯の状況、治療の様子を映像で
確認することができる

モニターやテレビで患者様がご自身の口腔内の様子をリアルタイムで確認することができるため、よりスムーズに治療内容の説明を行うことができます。

プルチーノ歯科・矯正歯科 東京では、歯科医師による治療だけではなく、歯科衛生士によるメインテナンスにおいてもマイクロスコープを使用しております。
歯科衛生士に対する充実した育成プログラムにも力を入れることで、マイクロスコープを使える歯科衛生士の育成を行い、患者様により質の高い治療を提供できるよう努めております。

自由診療について
インプラント治療

インプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。健康な歯を削ることはありません。プルチーノ 歯科・矯正歯科では、事前診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全性を期したインプラント治療を行っております。インプラントに関するご不安や疑問はいつでもお気軽にご相談ください。

施術の価格
インプラント埋入施術 350,000円(税込385,000円)~500,000円(税込550,000円)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラント治療は必ず外科治療を伴うため、術後の疼痛・咬合痛・腫脹や出血などを生じる事があります。施術時、静脈内鎮静麻酔を行う場合、一時的にふらつきが生じる事があります。上部の人工歯や土台(アバットメント)が外れたり、欠けたりゆるんだりする事があります。また、インプラントも歯と同様に周囲の骨は歯周病のように吸収を起こすリスクがあるので、術後のメインテナンスは必須です。
審美歯科治療

審美歯科治療とは、天然歯のように自然で美しい口元を作ることを目的とした治療です。しかしながら、見た目の美しさの回復は、歯や歯茎の健康はもちろん、咬み合わせなどの正常な機能を持続させることにも貢献しています。主な治療として、歯を削らないホワイトニング、セラミッククラウン・インレーによる修復治療と、表面だけを削るラミネートベニヤなどがあります。様々な目的・処置方法がございますので、審美歯科治療にかかる治療費は、治療法により大きく異なります。

施術の価格
20,000円(税込22,000円)~210,000円(税込231,000円)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
  • 【ホワイトニング】
    ホワイトニング剤の刺激により、歯がしみる知覚過敏の症状がおこる可能性があります。
  • 【オールセラミッククラウン】
    金属などのインレーやクラウンと比べると、強度が若干劣ります。
  • 【セラミックインレー】
    部分的に削った箇所に装着するため、詰め物自体が割れる恐れがあります。
  • 【ラミネートベニア】
    強い力のかかる臼歯部などに装着すると、割れてしまうことがあります。
  • 【メタルセラミッククラウン】
    金属を全く使用しないオールセラミックと比べると、見た目はやや劣ります。また、金属を使用するため、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。