三田駅すぐの田町の歯医者【プルチーノ歯科・矯正歯科東京】

三田駅すぐの田町の歯医者【ブルチーノ歯科・矯正歯科東京】

子供の矯正

一人ひとりに合った歯科治療プランをご提案いたします。

貴方の悩みやご要望をお気軽にご相談ください。
目的・要望に沿った治療内容・治療計画をご提案いたします。

子供の矯正についてPediatric Orthodontics

成長過程だからこそ出来る矯正治療

お子様の成長・健康のためにできること。
歯列・噛み合わせが正常であればより健やかな成長を導いてくれます。
アゴの成長発育をある程度コントロールできるのは、こどもの時期だけ。
お子様の将来の為にも、小さな頃からのお口のケアをオススメします。

子供の矯正のメリット

子供の矯正歯科治療の目的は、きれいな歯ならびを作るための土台作りです。
この時期に適切な治療を行うことにより、次のようなメリットが得られます。

成長を利用してアゴの成長を
コントロールすることができる

歯並びは歯だけによって決まるものではなく、骨格の形や大きさとも関係があります。
子供は、アゴがまだまだ成長途中なので成長を抑制、促進させることでアゴの幅やバランスを整えることができます。
(成長終了後の成人では、アゴの幅やバランスなどは外科的な処置を加えない限り、基本的には変化させることができません)
これにより、永久歯列になってから行う大人の矯正治療(ワイヤー矯正、マウスピース矯正)が簡単で期間が短くなります。
さらに大人の矯正治療が避けられる可能性があります。
また、将来的に永久歯の抜歯や、外科的な手術を避けられる可能性が高まります。

不正咬合の原因を取り除ける

例えば乳歯が何らかの原因により通常より早く抜けてしまうと、生じたスペースに周りの歯が移動してしまうことがあります。
また、永久歯が通常と異なる位置や向きで生えてくることもあります。このような場合に適切に対応することで将来的な不正咬合を未然に防ぐことができます。
また、日常生活における好ましくない癖(指しゃぶり、唇を噛む、舌で歯をおす等)は、歯並びや成長に悪影響を与えてしまします。
これらの癖を改善することで正しい成長に導くことがができます。

小児矯正の開始時期

お子様の矯正の開始時期については、一般的には上下の前歯が4本ずつ生え変わった頃(7歳から8歳頃)が開始時期となります。
しかし、不正咬合には受け口や出っ歯、叢生など色々な種類があり、またその原因もお子様によって異なります。
成長期だからこそ可能な治療もありますが、重要なのはお子様にとって最適な時期に最適な治療を行うことです。
当院では検査前にお子様の症状を見せていただき、保護者様の希望も伺いながら矯正歯科治療の必要性や最適な時期についてご説明させていただきます。
まずは一度お気軽にご相談ください。

※早期に治療が必要な歯並び

お子様の矯正の適切な開始時期は様々ですが、特に早めに治療が必要なものとして「受け口」があります。
軽い症状の受け口でも、そのままにしておくと奥歯できちんと食べ物を噛むことができず、アゴを前に出した状態で食事するようになってしまいます。
その結果、さらに受け口が悪化する場合もございます。
受け口の治療で上顎の前方成長を促す方法は成長期の時期にしかできません。
これらの理由から早いタイミングで治療を開始することが重要となります。

小児矯正で使用する装置

当院の小児矯正では、可能な限り「取り外しのできる装置」を使用しています。
取り外しのできない装置の場合、歯が磨きづらく虫歯になるリスクが大きくなります。
しかし、お子様の年齢や症状によっては、取り外しのできない矯正装置のほうが治療期間も短く、有効な治療としてお勧めする場合もございます。
お子様の状態などを把握し、しっかりとご説明させていただいた上で、お子様に合った装置を選定しています。

子供の矯正の流れ

子供の矯正は大きく分けると、「I期治療」と「II期治療」があります。

  1. I期治療
    乳歯(子供の歯)が残っている時期に行う治療です。
    この時期は歯ならびを作るための土台作りを行います。
    具体的にはアゴの骨の大きさやバランスを整えたり、不正咬合の原因を取り除くことを主に行います。
    土台を整えることで、II期治療をスムーズに進めることができますし、将来的抜歯を避けられる可能性があります。
  2. II期治療
    永久歯(大人の歯)が生えそろってから始める治療です。
    1本1本の歯を精密に動かし、歯並び、噛み合わせを整えます。
自由診療について
インプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着して補う治療法です。これまでの入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。健康な歯を削ることなく治療することも可能です。プルチーノ 歯科・矯正歯科 東京では、事前の診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全に配慮したインプラント治療を行っております。インプラントに関するお悩みなどございましたらいつでもお気軽にご相談ください。

施術の価格
インプラント埋入施術 350,000円(税込385,000円)~500,000円(税込550,000円)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラント治療は外科治療を伴うため、術後の痛み・腫れや出血などが発生する場合があります。ほとんどの場合は時間の経過とともに症状が改善します。施術の際、静脈内鎮静麻酔を行う場合は一時的にふらつきが生じることがあります。手術中にドリルやインプラント体が神経や血管を傷つけることがあると、神経麻痺や大量出血する危険性があります。これは治療前の精密な診査によって神経や血管の位置を正確に把握することで回避することができます。インプラントも歯と同様に術後のメインテナンスは必須です。
審美歯科治療

審美歯科治療とは、むし歯や歯周病の治療などを行う一般の歯科治療と異なり、天然歯のように自然で美しい口元を作ることを目的とした歯科医療分野を指します。しかし、見た目の美しさの改善は、歯や歯茎の健康はもちろん、正しい咬み合わせを持続させることにも貢献しています。主な審美歯科治療として、ホワイトニング、セラミックの詰め物・被せ物による修復治療と、歯の表面だけを削るラミネートベニヤなどがあります。審美歯科治療には様々な目的・対処法がございますので、治療費は方法により差があります。

施術の価格
20,000円(税込22,000円)~210,000円(税込231,000円)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
  • 【ホワイトニング】
    ホワイトニング剤の刺激により、歯がしみる知覚過敏の症状がおこる場合があります。
  • 【オールセラミッククラウン】
    金属などの詰め物やかぶせ物と比べると、強度が若干劣ります。
  • 【セラミックインレー】
    部分的に削った箇所に装着するため、歯を削る量が若干多くなります。
  • 【ラミネートベニア】
    強い力のかかる部分に装着すると、割れてしまう場合があります。
  • 【メタルセラミッククラウン】
    金属を使用するため、歯茎の変色や、金属アレルギーを引き起こす場合があります。また、金属を使用しないオールセラミックと比べると、審美性は若干劣ります。