プルチーノ歯科・矯正歯科 東京

東京 田町の歯医者プルチーノ歯科・矯正歯科 東京

子供の矯正

一人ひとりに合った歯科治療プランをご提案いたします。

貴方の悩みやご要望をお気軽にご相談ください。
目的・要望に沿った治療内容・治療計画をご提案いたします。

子供の矯正についてPediatric Orthodontics

成長過程だからこそ出来る矯正治療

お子様の成長・健康のためにできること。
歯列・噛み合わせが正常であればより健やかな成長を導いてくれます。
アゴの成長発育をある程度コントロールできるのは、こどもの時期だけ。
お子様の将来の為にも、小さな頃からのお口のケアをオススメします。

子供の矯正のメリット

子供の矯正歯科治療の目的は、きれいな歯ならびを作るための土台作りです。
この時期に適切な治療を行うことにより、次のようなメリットが得られます。

成長を利用してアゴの成長を
コントロールすることができる

歯並びは歯だけによって決まるものではなく、骨格の形や大きさとも関係があります。
子供は、アゴがまだまだ成長途中なので成長を抑制、促進させることでアゴの幅やバランスを整えることができます。
(成長終了後の成人では、アゴの幅やバランスなどは外科的な処置を加えない限り、基本的には変化させることができません)
これにより、永久歯列になってから行う大人の矯正治療(ワイヤー矯正、マウスピース矯正)が簡単で期間が短くなります。
さらに大人の矯正治療が避けられる可能性があります。
また、将来的に永久歯の抜歯や、外科的な手術を避けられる可能性が高まります。

不正咬合の原因を取り除ける

例えば乳歯が何らかの原因により通常より早く抜けてしまうと、生じたスペースに周りの歯が移動してしまうことがあります。
また、永久歯が通常と異なる位置や向きで生えてくることもあります。このような場合に適切に対応することで将来的な不正咬合を未然に防ぐことができます。
また、日常生活における好ましくない癖(指しゃぶり、唇を噛む、舌で歯をおす等)は、歯並びや成長に悪影響を与えてしまします。
これらの癖を改善することで正しい成長に導くことがができます。

小児矯正の開始時期

一般的には7歳から8歳、上下の前歯が4本ずつ生え変わった頃が矯正歯科治療の開始時期です。
しかし、悪い歯並びには、受け口や出っ歯、ガタガタ等様々なものがあり、その原因もお子様によって異なります。
たしかに成長期だからこそできることがあるのは事実ですが、その子にとって最適な時期に最適な治療を行うことが重要です。
そのため大切なのは、「まず早めに一度相談すること」です。
当院では初回カウンセリングを実施しており、検査前にお子様の歯並びや顔つきを見せていただき親御様の希望も伺いながら矯正歯科治療の必要性や最適な時期についてお話しさせていただきます。

※早期に治療が必要な歯並び

小児矯正の適切な時期は様々ですが、特に早期に治療が必要なものとして「受け口」があります。
ちょっとした受け口でも、放置しておくと奥歯できちんと食べ物を噛むことができず、アゴを前に出した状態で食事するようになります。
その結果、さらに受け口が悪化するようになります。
また、受け口の治療で上顎の前方成長を促す方法がありますが、これは成長期の時期にしかできません。
これらの理由から早期に治療を開始することが重要なのです。

小児矯正で使用する装置

当院の小児矯正では、できる限り「取り外しのできる装置」を使用しています。
固定式(取り外しのできない)の装置を用いると大人でも歯磨きが難しくなり、虫歯のリスクが上がります。
お子様の場合ではなおさらです。
また、乳歯(子供の歯)は虫歯の進行が早いという性質があるのです。
以上の点から、当院では可能な限り取り外しのできる装置を使用しております。

子供の矯正の流れ

子供の矯正は大きく分けると、「I期治療」と「II期治療」があります。

  1. I期治療
    乳歯(子供の歯)が残っている時期に行う治療です。
    この時期は歯ならびを作るための土台作りを行います。
    具体的にはアゴの骨の大きさやバランスを整えたり、不正咬合の原因を取り除くことを主に行います。
    土台を整えることで、II期治療をスムーズに進めることができますし、将来的抜歯を避けられる可能性があります。
  2. II期治療
    永久歯(大人の歯)が生えそろってから始める治療です。
    1本1本の歯を精密に動かし、歯並び、噛み合わせを整えます。
自由診療について
インプラント治療

インプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。健康な歯を削ることはありません。プルチーノ 歯科・矯正歯科では、事前診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全性を期したインプラント治療を行っております。インプラントに関するご不安や疑問はいつでもお気軽にご相談ください。

施術の価格
インプラント埋入施術 30万円(税別)〜50万円(税別)(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラント治療は必ず外科治療を伴うため、術後の疼痛・咬合痛・腫脹や出血などを生じる事があります。施術時、静脈内鎮静麻酔を行う場合、一時的にふらつきが生じる事があります。上部の人工歯や土台(アバットメント)が外れたり、欠けたりゆるんだりする事があります。また、インプラントも歯と同様に周囲の骨は歯周病のように吸収を起こすリスクがあるので、術後のメインテナンスは必須です。
審美歯科治療

審美歯科治療とは、天然歯のように自然で美しい口元を作ることを目的とした治療です。しかしながら、見た目の美しさの回復は、歯や歯茎の健康はもちろん、咬み合わせなどの正常な機能を持続させることにも貢献しています。主な治療として、歯を削らないホワイトニング、セラミッククラウン・インレーによる修復治療と、表面だけを削るラミネートベニヤなどがあります。様々な目的・処置方法がございますので、審美歯科治療にかかる治療費は、治療法により大きく異なります。

施術の価格
15,000円(税別)〜150,000円(税別)(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
  • 【ホワイトニング】
    ホワイトニング剤の刺激により、歯がしみる知覚過敏の症状がおこる可能性があります。
  • 【オールセラミッククラウン】
    金属などのインレーやクラウンと比べると、強度が若干劣ります。
  • 【セラミックインレー】
    部分的に削った箇所に装着するため、詰め物自体が割れる恐れがあります。
  • 【ラミネートベニア】
    強い力のかかる臼歯部などに装着すると、割れてしまうことがあります。
  • 【メタルセラミッククラウン】
    金属を全く使用しないオールセラミックと比べると、見た目はやや劣ります。また、金属を使用するため、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。