三田駅すぐの田町の歯医者【プルチーノ歯科・矯正歯科東京】

三田駅すぐの田町の歯医者【プルチーノ歯科・矯正歯科東京】

マウスピース矯正

矯正歯科|リテーナーの種類別メリット・デメリットを解説!自分に合ったタイプは?

矯正治療で予定通りに歯の並びが整っても、それで終わりではありません。

キレイに並んだ歯を安定させるために、リテーナー(保定装置)を装着する必要があるのです。

「矯正装置が外れてほっとしたのに、また装置を付けるの?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、リテーナーを付けなければ大なり小なり、歯は後戻りしてしまいます。

この記事では、リテーナーの種類や目的、装着期間などについて解説していきましょう。

リテーナーとは?

当初の治療計画で作製したアライナー(マウスピース)をすべて使い終わった時点で、噛み合わせを確認し、最初のシミュレーション画像と現在の歯並びを比較します。

予定通りの歯並びになったら治療は完了ですが、治療後の歯は動きやすい状態になっているため注意が必要です。

そこで、矯正後の不安定な歯の状態を安定させ、後戻りを防ぐために「リテーナー(保定装置)」を装着します。

リテーナーの目的は、キレイな歯並びを維持することです。

矯正治療後の歯が「後戻り」する理由

歯と骨をつなぐ歯根膜は変化しにくく、矯正前の歯の位置を記憶しています。

そのため、矯正治療後に今まで矯正装置によってかかっていた負荷から解放されると、元の位置に戻ろうとします。

また、舌癖などで不適切な力がかかり、歯列が乱れる可能性もあります。

そういった不適切な力を抑え、矯正後の歯に現在の位置を記憶させるために、リテーナーが必要なのです。

リテーナーを正しく装着すれば、後戻りの心配はほとんどなくなります。

リテーナーの主な種類は3つ

リテーナーには大きく分けて以下の3種類があります。

  • マウスピース型
  • プレート型
  • ワイヤー型

 

それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なるため、担当歯科医師と相談し、ご自身のライフスタイルや歯並びに適したリテーナーを選ぶことが大切です。

マウスピース型

マウスピース型は、透明なプラスチック製のマウスピースタイプのリテーナーです。

マウスピース矯正で使用するマウスピースと見た目や装着感、取り扱い方法などがほとんど同じなので、マウスピース型矯正を受けた人は違和感なく使用することができるでしょう。

  • 透明で目立たないため、審美性に優れている
  • 自身で着脱できるため、今までどおりに食事や歯みがきができる
  • 装着時間を守るなど自己管理が必要

 

矯正治療で使うマウスピースとの違いは、破損や変形が少ない素材で作られており、丈夫なことです。

歯列全体を覆う形になっているため、歯全体にしっかり保持力を与えられます。

一方で、奥歯を噛み締める癖がある人の場合は、マウスピースが破損しやすくなるといったデメリットもあります。

プレート型

プレート型は、プラスチック製のプレートにワイヤーが付いた形をしたリテーナーです。

ワイヤーをご自身の歯に引っ掛けて装着します。

奥歯まで固定するタイプや、前歯のみ固定するタイプがあります。

マウスピース型と同様、ご自身で取り外せるため、食事や歯みがきの際は着脱可能です。

前歯の表面のワイヤーが見える点がデメリットですが、ワイヤー部分をプラスチックや白色にすることで、目立ちにくいリテーナーの作成も可能です。

歯並びによってはマウスピース型よりも保定力が劣ることもありますが、咬合面が開いているため、噛み合わせに影響を与えないといったメリットもあります。

ワイヤー型

ワイヤー型は、前歯の裏側にワイヤーを固定するタイプのリテーナーで、ご自身で取り外しはできません。

付けっぱなしなので装置の自己管理は不要ですが、歯とワイヤーの間に食べかすなどの汚れが溜まりやすく、むし歯や歯周病のリスクが高まるため、定期的なクリーニングが必要です。

メリットは、ワイヤーで歯を直接抑えるため、動きやすい歯を強固に固定できることです。

ただし、前歯の保定に有効な方法で、奥歯への保定力はほとんど期待できません。

奥部の保定も必要なケースでは、他のリテーナーと組み合わせて使うこともあります。

リテーナーの装着時間

リテーナーの装着時間は、最初は1日20時間以上必要です。

治療用のマウスピースとは違って、経過観察の中で問題がないことがわかれば、少しずつ装着時間を減らせます。

たとえば、最初の1ヶ月は20時間の装着が必要でも、2か月目は在宅時のみ装着する、1年後は睡眠時間のみ装着するなど、ステップを踏んで装着時間を減らすことが可能です。

装着を忘れると、後戻りしてリテーナーが合わなくなってしまう可能性があるため、注意しましょう。

なお、歯並びには生活習慣も大きく影響します。せっかく整えた歯並びを後戻りさせないためにも、同じ側を下にして寝る(横向きに寝る)、うつぶせに寝る、頬杖をつく、舌で歯を押し出すなどの生活習慣も直していきましょう。

リテーナーの装着期間(保定期間)

リテーナーの装着期間は、最低でも矯正治療でかかった期間と同じ。可能な限り長い着用が好ましいです。

矯正期間が3年なら、保定期間も最低でも3年必要です。

保定期間も矯正治療の一部と考えて、通院やリテーナーの装着をさぼらないようにしましょう。

可能であれば、保定期間が終わった後もリテーナーを使用するのがおすすめです。

歯を支えている歯槽骨が年齢とともに弱くなることから、大人の矯正は後戻りしやすく、5年以上など長い期間の保定が望ましいとされています。

たとえば、マウスピース矯正で治療をした患者さんはマウスピースの装着に慣れているため、睡眠時の装着が苦にならないケースが多いです。

保定期間中の通院頻度は?

保定期間中の通院頻度は、経過の良い方の場合は3〜6ヶ月に一回程度を推奨しております。

経過が安定しない方の場合は、1〜2ヶ月に一回です。

リテーナーに関するQ&A

痛みはある?

リテーナーは、歯を動かすのではなく安定させるための装置なので、矯正装置のような痛みはほとんどありません。

ただし、リテーナーの装着時間を守らずにしばらく外したままにすると、装着時に圧迫感などの違和感を感じることがあります。

特に保定期間の初期は、歯みがきや食事の時間以外はリテーナーを装着するようにしてください。

また、歯並びに対してリテーナーが合っていない場合や、リテーナーを正しく装着できていない場合は、痛みを感じる可能性があります。

リテーナーが歯並びに合っていないと感じた際は、すぐにクリニックにご相談ください。

リテーナーを付けるのが面倒

リテーナーを付けないと、歯はどんどん後戻りしてしまいます。

リテーナーを付けたり外したりするのを面倒に感じる方は、固定式のリテーナーの方が向いているかもしれません。

症例によっては採用できませんが、ご希望の方は一度ご相談ください。

リテーナーの料金

プルチーノ歯科矯正歯科東京院のリテーナーの料金、調整料、追加アライナーimpの料金は以下のとおりです。

リテーナー(保定装置) 税込110,000円
調整料 税込5,500円
追加アライナーimp 税込11,000円

 

リテーナー作製のみの患者さんにも対応しております

当院では、上記料金でリテーナー作製のみの患者さんにも対応しております。

お気軽にご相談ください。

まとめ:リテーナー(保定装置)でキレイに並んだ歯をキープしよう

リテーナーの種類や目的、装着期間などについて解説しました。

リテーナーは矯正治療ではありませんが、治療でキレイに並べた歯並びを維持するために重要です。

慣れるまでは違和感を感じることもあるかと思いますが、保定期間のケアこそがキレイな歯並びをキープすることに繋がります。

リテーナーの装着時間を守っていれば、徐々に歯並びが安定してくるので、夜間のみなど装着時間を減らしていくことが可能です。

当院では、矯正歯科全般の知識・経験が豊富なインビザライン矯正認定医が治療・保定期間を担当させていただきます。

矯正治療に興味があるけれど不安や疑問点がある方は、一度無料矯正相談でお話を伺えますと幸いです。

それぞれの方に合った矯正方法、リテーナーをご提案し、治療期間や治療費の総額などについても詳しくご説明させていただきます。

鶴田 祥平

この記事の監修者。医療法人鸞翔会の理事長でプルチーノ歯科・矯正歯科の歯科医師。

一般歯科治療成人矯正治療小児育成矯正インビザラインを用いた矯正治療インプラント治療ホワイトニング予防歯科治療セラミック治療などお口のお悩みに幅広くお応えしています。
詳しくはスタッフ紹介のページをご覧ください。

医院へのアクセス・診療時間については各医院のHPをご覧ください。

プルチーノ歯科・矯正歯科 名古屋院
プルチーノ歯科・矯正歯科 神宮前院
プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市院
プルチーノ歯科・矯正歯科 東京院

公的医療保険が適用されない自由診療について
インプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着して補う治療法です。これまでの入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと咬める歯を取り戻す治療法です。健康な歯を削ることなく治療することも可能です。プルチーノ 歯科・矯正歯科 東京では、事前の診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全に配慮したインプラント治療を行っております。インプラントに関するお悩みなどございましたらいつでもお気軽にご相談ください。

施術の価格
インプラント埋入施術 350,000円(税込385,000円)~500,000円(税込550,000円)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラント治療は外科治療を伴うため、術後の痛み・腫れや出血などが発生する場合があります。ほとんどの場合は時間の経過とともに症状が改善します。施術の際、静脈内鎮静麻酔を行う場合は一時的にふらつきが生じることがあります。手術中にドリルやインプラント体が神経や血管を傷つけることがあると、神経麻痺や大量出血する危険性があります。これは治療前の精密な診査によって神経や血管の位置を正確に把握することで回避することができます。インプラントも歯と同様に術後のメインテナンスは必須です。
審美治療

セラミック製の⼈⼯⻭を⽤いて⻭の⽋損した部位を補ったり⻭列を整えたり、特殊な薬剤やライトを使⽤して⻭を漂⽩するなどして、美しい⼝元をつくります。

施術の価格
セラミック治療 80,000円(税込88,000円)〜170,000円(税込187,000円)
ホワイトニング 15,000円(税込16,500円)〜72,000円(税込79,200円)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
  • 【ホワイトニング】
    ホワイトニング剤の刺激により、施術中あるいは施術後に冷たいものが⻭にしみる知覚過敏症状をともなうことがあります。
  • 【セラミック治療】
    ⻭を削ることとなります。また場合によっては、治療箇所周囲の健康な⻭を削ることもございます。⻭を削ることで痛み・しみ・知覚過敏が起こることsがあります。被せ物や詰め物は経年劣化する場合があります。
インビザラインを用いた矯正治療
施術の価格
¥770,000(税抜:¥700,000)~¥1,210,000 (税抜:¥1,100,000)
(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用

全ての医療と同様に歯科矯正治療にも潜在的なリスク・副作用があることをご理解ください。
※すべてのリスクや副作用が生じるわけではありません。

  • ・最初は矯正装置の装着による不快感や痛み等が生じることがあります。
  • ・歯の動き方には個人差があるため、当初予想されていた治療期間より延長する可能性があります。
  • ・矯正治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病の罹患リスクが高まります。そのため、丁寧な歯磨きや、定期的なメンテナンスを受けることが重要です。
  • ・歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることが稀にあります。また、歯ぐきがやせてラインが下がることがあります。
  • ・ごく稀に歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ・ごく稀に歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • ・矯正治療中は咬み合わせが変化することで、一時的に顎関節に負担がかかり「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • ・様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • ・歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  • ・何らかの要因で矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • ・矯正装置を外す際に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、被せ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • ・矯正装置が外れた後も、保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • ・装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療 (修復物)などをやり直す可能性があります。
  • ・あごの成長発育によってかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • ・矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。
⻭列矯正⽤咬合誘導装置(プレオルソ)について

歯列矯正用咬合誘導装置(プレオルソ)は、歯を直接的に動かす一般的な矯正ではなく、お口周りの筋機能(口腔周囲筋)を鍛える治療です。マウスピースを装着して、顎骨の成長を阻害する口呼吸や舌の位置を正常に補正し、永久歯がきれいに生えるスペースを確保することによって、将来的な歯並び、咬み合わせを良い方向へ導きます。

施術の価格
  • プレオルソ&MFT治療による⼀期治療 ¥440,000
  • インビザラインファースト+ プレオルソ(6-10歳)
    ⼀期治療 ¥550,000
  • インビザラインファースト+ プレオルソ(6-10歳)
    ⼆期治療 ¥330,000
施術のリスク・副作用

全ての医療と同様に歯科矯正治療にも潜在的なリスク・副作用があることをご理解ください。
※すべてのリスクや副作用が生じるわけではありません。

  • ・最初は矯正装置の装着による不快感や痛み等が⽣じることがあります。
  • ・⻭の動き⽅には個⼈差があるため、当初予想されていた治療期間より延⻑する可能性があります。
  • ・矯正治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなります。むし⻭や⻭周病の罹患リスクが⾼まります。そのため、丁寧な⻭磨きや、定期的なメンテナンスを受けることが重要です。
  • ・⻭を動かすことにより⻭根が吸収して短くなることが稀にあります。また、⻭ぐきがやせてラインが下がることがあります。
  • ・ごく稀に⻭が⾻と癒着していて⻭が動かないことがあります。
  • ・ごく稀に⻭を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • ・矯正治療中は咬み合わせが変化することで、⼀時的に顎関節に負担がかかり「顎関節で⾳が鳴る、あごが痛い、⼝が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • ・様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • ・⻭の形を修正したり、咬み合わせの微調整を⾏ったりする可能性があります。
  • ・何らかの要因で矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • ・矯正装置を外す際に、エナメル質に微⼩な⻲裂が⼊る可能性や、被せ物(補綴物)の⼀部が破損する可能性があります。
  • ・矯正装置が外れた後も、保定装置を指⽰通りに使⽤しないと後戻りが⽣じる可能性が⾼くなります。
  • ・装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし⻭の治療(修復物)などをやり直す可能性があります。
  • ・あごの成⻑発育によってかみ合わせや⻭並びが変化する可能性があります。
  • ・矯正⻭科治療は、⼀度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。
薬機法において承認されていない
医療機器を用いた治療について

当院では、医薬品医療機器等法(薬機法)において承認されていない医療機器を用いた治療 である「インビザライン・システムを用いた矯正治療」を行っています。
未承認医薬品・医療機器(以下、「未承認医薬品等」とする)について、当サイト内で治療法等を記載するため、厚生労働省が定める医療広告ガイドラインに従い、「未承認医薬品等であること」「入手経路等」「国内の承認医薬品等の有無」「諸外国における安全性等に係る情報」について掲載いたします。

未承認医薬品であること

当院の歯列矯正にて使用しているマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)は、海外の工場で製作されるため、薬機法における医療機器として承認されておらず、また歯科技工士法上の矯正装置にも該当しません。

国内で作製されるものであっても、患者様ごとにつくられるカスタムメイド品のため、薬機法の対象外となり、医薬品副作用被害救済制度の対象とならない場合があります。

国内の承認医薬品等の有無
日本国内にも、マウスピース型カスタムメイド矯正装置を作製しているメーカーがあります。当院が使用しているマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)以外に、日本で承認を得ている矯正装置を使った治療法があります。
入手経路等
当院が治療に用いるマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)は、米国アライン・テクノロジー社の製品です。アライン・テクノロジー社のグループ会社である「アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社」より入手しています。
諸外国における安全性等に係る情報
マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン®)は、1998年にFDA(米国食品医薬品局)から医療機器として認証され、販売認可を受けています。
2020年10月現在までで、世界100ヶ国以上の国々、900万人をこえる患者様が矯正治療を行いましたが、重大な副作用の報告はありません。